So-net無料ブログ作成
検索選択
弱虫ペダル あらすじ ブログトップ

弱虫ペダル あらすじ [弱虫ペダル あらすじ]

今、密かに人気の「弱虫ペダル」のあらすじみなさん気になりませんか?

今回はその情報をご紹介いたします。

弱虫ペダルは学園、自転車漫画です。

千葉県立総北高等学校の新入生、小野田坂道はアニメゲーム秋葉原を愛するオタクである。

中学時代にオタクの友達ができなかった彼は高校でアニメ・漫画研究部に入ろうとするが、部員数減少のため活動休止中であると知り意気消沈する。

一方、同じく新入生で、中学時代に自転車競技で活躍していた今泉俊輔はトレーニング中、学校の裏に有る斜度20%を超える激坂をママチャリで、しかも歌いながら登坂する小野田坂道を目撃する……。

総北高校自転車競技部を舞台に他校との壮絶な競争が面白いです。

作画も個性あるタッチでとても迫力があります。

また、2012年2月に天王洲銀河劇場にて舞台版が上演されることが決定されています。

この機会にぜひご覧になってはいかがでしょうか?

弱虫ペダル1.jpg弱虫ペダル2.jpg

弱虫ペダル (1-20巻 最新刊)
送料無料キャンペーン中!!
価格: 8,800 円 (税込)



「弱虫ペダル」送料無料、単巻はこちらから!



最後まで見ていただいてありがとうございます。
この記事の名言です。
「われわれの善徳は、たいていわれわれの罪の私生児である」
by.ヘッベル
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
弱虫ペダル あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。